鍵開けが必要になる前に交換を行う~お風呂で使うドアの種類~

お風呂場のドアの鍵が壊れそうな時、放置せずに鍵業者に依頼して鍵の修理やドアの交換を行いましょう。

お風呂場の鍵トラブル費用目安

  • 鍵開けや修理、調整 8000円ほど
  • 鍵交換 10000円+部品の代金

鍵と言っても様々な種類があります。お風呂場の鍵を交換するのであれば、錆びにくい素材の鍵を選びましょう。

お風呂場に使われるドアの種類

錆びにくい素材の種類
お風呂場のドアが壊れるのは、内部が真鍮製など湿気に弱く、耐久性の低い金属が使用されているのが原因です。しかし、内部もステンレス製のドアノブを使用すれば湿気によって錆びにくくなる他、耐久性も遥かに増すためお風呂場でも安心して使用することができます。
非常事態に備えた種類
ドアの素材ではなく、構造で選ぶというのもいざという時のトラブル回避に有効です。例えば、外から開けられるように非常解錠装置がついているドアを選んだり、ドアを簡単に取り外せるような構造のものを取り付けたりすればお風呂場に閉じ込められても脱出することや鍵開けは容易に行なえます。お風呂場のドアは玄関とは違いセキュリティを厳重にする必要性が薄いため、こういう選択肢も頭に入れておきましょう。
水分の付着を防ぐ種類
根本的な予防策として、ドアの故障となる湿気を防ぐための工夫を考えるのも有効です。例えば換気口付きのドアならば湿気対策になりますし、カビの発生も防げるのでお風呂場の衛生環境も大幅に改善できます。特にお風呂場は常に湿気が充満している状態のため、カビ対策は鍵対策と同じくらい重要になります。

お風呂場に閉じ込められる故障の原因は主に錆です。そのため、サビ対策を念頭に置いてドア選びを行いましょう。

TOPボタン