お風呂場の鍵が壊れる前兆を知る~鍵開けが必要になる前に~

お風呂場の鍵は急に故障すると思われがちですが、実際には前兆があります。鍵穴の悲鳴のサインは見逃さないようにしましょう。

こうした症状があると壊れやすい

錆で開かなくなる場合
お風呂場のドアのトラブルで最も多い錆による劣化の前兆として、ドアノブが固くなるという例があります。ある日ドアノブを回そうとすると以前よりも少し硬くなり回しにくくなっている場合があります。その場合、内部が錆びついている可能性は極めて高いです。しかし、ステンレス製のドアノブだと表面は錆びていないため、サビが原因だと気づかない人は多いです。
ドアノブが取れる前兆
錆とは逆に、ドアノブが固くなるどころか逆に手応えを感じなくなるケースもあります。これはいわゆる内部の部品がすり減ったり、ドアノブを締めているネジがゆるくなった時に起きる減少です。そして、ある日使っているとポロッとドアノブが取れてしまうこともあります。こちらはネジを締めなおしたりと簡単なメンテナンスならできますが、原因が不明なときは鍵開け業者に依頼しましょう。

鍵が壊れていないなら自分でもできる~お風呂場の鍵開け~

もし、お風呂場の外にいる時に鍵が壊れたなら、自分で鍵を開ける方法があります。ここではその方法について紹介しましょう。

自分でできるお風呂場の鍵開け

鍵を回した状態で閉めてしまったようです。開ける方法はありますか?
あります。実はお風呂場やトイレのドアには「非常解錠装置」という小さな溝がついており、コインやマイナスドライバーを用いれば外からでも開けることができます。これはお風呂場やトイレなどで中の人が急に倒れた時に解錠するための機構であり、緊急時は落ち着いてこの機構を使い、鍵を開けましょう。

鍵は壊れていなくても焦っていると開けられなくなることがあります。そんなときは少し落ち着き、冷静になって鍵の状態をチェックしてみましょう。そして鍵が壊れていた時、改めて鍵開け業者に依頼しましょう。

TOPボタン